駄目人間の憂鬱
駄目人間の転職活動記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心配で心配で心配で。
 喉が渇いてトイレが近くて落ち着かなくて気が狂うほど不安でとうとう生活習慣病かと思うので医者に行ってくるしかないと思う。

 というより、もう既に発作がぶり返してきている。
 この時期必ず自分の体を心配してそうなるので年間行事のようなものだが(確か去年も今頃心配していた)、どうして、そんなに自分を痛めつけないといけないのだろう。

 もし、生活習慣病だと結婚できないと思うから?
 しかし健康でも結婚できるとは限らない。
 結婚したとしても幸せとは限らない。

 もし、生活習慣病になっても結婚するかもしれない。
 子供にも恵まれるかもしれない。
 なんかありえなさそうだけど、可能性はゼロじゃない。
 もしゼロだとしても、世の中の可能性全てを否定できるほど自分は世界を知っているはずがない。

 それよりも、やっと就職が決まって希望が見えてきたのに、不安ばかり抱いて潰されそうな自分が悲しい。
 ねえ。内定決まったんだよ。プログラマーで営業っていう希望の位置につけたんだよ。新しい友達だって出来るかもしれないし、楽しいことだってあるかもしれない。
 それなのにどうして上手くいかないことや、失敗すること、そういったことばかり考えて怖がってしまうのだろうか。
 それこそ不安で震えて吐き気がするほどに。
 
 私は幸せになれるんだろうか。
 そう考えて、ふと思った。
 幸せになるって、誰かに許されなきゃなれないのだろうか。
 自分で許可をもらわなれば、幸せでいていけないのだろうか。

問い・幸せになりたいとすれば以下の要件を満たした上、自我の許可を得なくてはならない。

幸福の要件
 1.結婚していなくてはならない。
 1の補足 もしくは彼氏がいなくてはならない。
 2.ある程度の容姿でいなくてはならない。
 3.友達がいなくてはならない。
 4.安定した職についていなくてはならない。
 5.社内で上手くやっていかねばならない。

 以上の項目に全て○がつき、かつ、自我の許可が出た場合あなたは幸せである。

 違うだろう?そんなテストみたいな方法で幸せが図れるはずないじゃないか。それになんで幸せかどうか一々審査してもらわなきゃならないんだ?しかも審査官が自分で、全部却下されるんだ。そんなのおかしいじゃないか。

 そう考えたら、涙と唾液が出てきて、口の中が潤った。
 ああ。
 本当にここ数日、あせっていたらしい。
 ゆっくりと、ゆっくりやっていこう。
 生きる意味なんて分からないし、できたら今夜目を閉じて永遠に目覚めなかったらいいと思うけれど、それでもこの体と命とは付き合っていかなくてはならないのだから。
 こんなに苦しい思いをしたくないと願うのなら、考えなくていい。
 考えることや生きることに、だれの許可が要るわけではないのだから。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nemunemune.blog77.fc2.com/tb.php/23-4719ceed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。